アフィリエイト無料メルマガ講座
どこに引っ越しても続けられる仕事を始めませんか?
転勤族妻のライフスタイル

転勤族の妻が結婚を後悔する時って?乗り越えるための簡単な方法

 

結婚を後悔する瞬間って誰にでもありますよね?(>_<。)

もしあなたが今お付き合いしている彼が転勤族で結婚を悩んでいるのなら、結婚してから後悔しないためにその理由を知っておきましょう(*^^*)

また転勤族と結婚したばかりの新婚さんも今後の生活を送っていく上で必要な心構えを知っておきましょう(^_-)-☆

 

りこ
りこ
今回は転勤族のが結婚を後悔する5つの場面とその対応策をまとめました。

もし今『辛いな…』とか『大変すぎて後悔している…』と感じている人がいたらぜひ参考にしてみて下さい!

 

転勤族あるある!転妻が結婚を後悔してしまう瞬間とは?

1.実家が遠い(親と離れる)

今までずっと実家暮らしだった女性は実家を出たことで寂しさがこみあげ「後悔」を感じることが多いです。

特に親が病気がちだったり、自分が一人っ子や女姉妹の長女である場合には「両親を置き去りにしてしまった」と考えて自分を責めてしまう女性もたくさんいます。

私自身も両親が大好きなタイプなので、実家を出ることはとても寂しかったです。特に私は26歳の時に婚約したので、周りの友人の中でも結婚が早い方でした。

だから両親にも『遠くにいるのって寂しい?ごめんね?』と聞いたことがあるんです。

すると父と母に『もちろん近くにいたら嬉しかったけど、結婚してくれてよかったよ。もし40代、50代になっても実家にいたら私達がいなくなったらこの子は孤独に1人で生きていくのだろうか…と不安だったと思う。結婚というのは親子孝行なんだよ』って言われたんです。

あなたのご両親だって、あなたと離れることはもちろん寂しいのです。でも親はいつでも子供の幸せを願っているものなので、あなたが本当に幸せであれば多少距離が離れていても理解してくれているはずです(*^-^*)

距離があるからこそ”自分たちで自立した生活が出来る”・”自分たち家族のペースで過ごせる”という大きなメリットもありますよ(*^^*)

 

2.寂しい・孤独

ずっと地元に住んでいた人が初めて地元を離れて引っ越した場合、寂しさや孤独、無気力感に襲われることがあります。

今までしょっちゅう会っていた友達と気軽に会えなくなるのはとても淋しいですよね(>_<。)

 

私も結婚当初は、主人が出勤した後は会える友達もいなかったので、静かな部屋で一人ポツーンと孤独を噛みしめていました(笑)
しかし今思うとこの「寂しいと感じていた時間」が非常にもったいない(/_;)

私は昔の自分に『その自由な時間。一瞬で終わってしまうから、1ミリもムダにしないで楽しんで!!』と言いたいです(>_<)!!

子供が生まれたら家事と育児で1日はあっという間に終わってしまいます。泣かれたり、後追いされたり、トイレすら自由に行けません💦

 

せっかく時間があるのならば、やりたいことをやりましょう♪

習い事に行って友人を作るのもおすすめです(*^-^*)

 

3.仕事を辞めなくてはいけない

やりがいのある仕事や自分が好きな仕事をしてキャリアを築いていた女性は、仕事を手放した後に後悔することが多いです(>_<。)

確かに自分の決断ではなく、「ご主人の転勤」が理由で仕事を辞めた場合はなんだか寂しい気持ちになりますね。

私も正社員を辞めた時は周りに『もったいない~!』と言われ、自分でも『本当にこれで良かったのかな?』と思った時期がありました。

でももしそのまま仕事を続けていたとしても、そのあと出産や育児のために結局退職していたかもしれません。

ご主人の転勤以外にも女性はライフスタイルがどんどん変化するので、仕事だけ一生同じ!というのも難しいのが現実です。

 

4.子育てが大変

転勤族で引越したばかりだと周りに頼れる友人がいない、もちろん両親も遠方で頼れない…。旦那さんも朝早く帰宅も遅い…とワンオペ育児に限界や後悔を感じるママも多いです。

しかし実際には、転勤族でなくても旦那さんが激務だったり、ご両親もまだ仕事をしていたりする場合もあります。

つまり同居でもしていない限り、現代の核家族のママはみんなワンオペ育児なのです。

私自身も育児は大変だし悩むことも多いです。でもそれは『転勤族だからという訳ではない』と感じています(*^^*)

 

また実家が近いと逆に悩むことさえあるようです。

例えば、私のママ友は『親が近所だから育児に口出しがすごい。私は一生懸命母乳をあげているのに、オレンジジュースを飲ませようとするし…。前までは仲良しだったのに子供が生まれてからイライラする。子供は私の子だっつーの!』と激怒していました。

また『毎週末のように子供の顔を見に自宅にくる…。有難いけど毎週はちょっときついよね』なんて言っている友達もいます(>_<)

自分一人で行う育児は一見大変そうですが、実はあなたが最善だと思うあなた流の育児が自由にできるというメリットもあります(*^^*)

 

 

5.子供が学校生活に苦労する

転勤族の子供が苦労する場面は大きく分けて2つです。

1つ目は友人関係です。転園・転校を繰り返すので親友ができてもまた離れ離れになってしまいます。また幼馴染がいないというのもちょっと寂しい点です。

しかし友人関係については、良い部分もあります。例えば、どんなに気の合わない友達がいても数年でさようならできると思えば気が楽です(笑)

また新しい環境に入っていくことに上手になるので、社交的になったり自分から話しかけることが出来るようになります。実際うちの娘は公園でも児童館でもデパートでもどこでも友達ができます(笑)

でも小学校高学年あたりになるとグループ化したり、色々問題が出てくる場合もあるようなので、常にコミュニケーションを大切にしてサポートしていくことが重要ですね(*^^*)

 

2つ目は勉強についてです。学校で習う勉強の内容は決まっていても、扱う教科書によって勉強の順番や進み方は違います(>_<)

だから次の学校に移った時に前の学校でこれから習うはずだったところが、もうすでに終わっていたりすることがあります。また逆に前の学校でやったところをもう一度習う…という場面もあるでしょう。

勉強については親がある程度把握してサポートする必要があります。抜け落ちいてるところがあると先の部分が理解しにくいのは当然のことなので一緒に勉強することも大切です。

また公文や塾などの習い事を活用するのも一つの方法です。

 

自分のことならまだしも、子供が悩んだり大変な姿を見るのは親としてはとても辛いですね(>_<)

でも転勤族だからこそ、コミュニケーション能力が発達したり、その土地の面白い習い事やお祭りに参加できたりと楽しいことも沢山ありますよ☆

転勤族の家族は大変な事もありますが、利点もいっぱいありますよ!!

 

スポンサーリンク

転勤大好き!でも不安はある!後悔しないために転妻ができること

私は主人が転勤族だったおかげで、初めて地元以外のところに住むことになり様々な経験をしました。

東京出身の私に北陸の雪は衝撃的でした。車のフロントガラスには氷が張ってしまうので、溶かすために家で沸かしたポットを持ち出して熱湯をかけるんです(笑)

車にも乗れなくて、電車も止まった時には、雪まみれになって派遣先に通ったこともあります。北陸の人はまじめで優しかったです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

関西はやっぱり気さくで面白い人が多くて。私みたいな転勤族にもすごくウェルカムな雰囲気が嬉しかった♪

初めて子育てした土地なので思い入れがあります(≧▽≦)

私は転勤先で出会えた友人たちに本当に感謝しています…♡
そしてこんなに『大好きで大切と思える友人』に出会えたのも転勤のおかげなんですよね(*^^*)

もう大人になると新しい出会いってほとんどありませんよね?
でも転勤すると必ず新しい出会いがあり、自分を成長させてくれます!!

 

しかーーーーーーし!!慣れれば転勤が楽しいと分かっていても、転勤が決まり新生活が軌道に乗るまでは非常に憂鬱なのです(-_-メ)
やっぱり不安はあります。

特に子供がいると、子供達が新しい学校や幼稚園で楽しく過ごせるのか?馴染めるのか?と気が気ではありません(>_<。)

 

もちろん主人だって新しい職場、新しい人間関係、きっと重圧もあるし大変でしょう。
だから転勤での引越し、新生活は家族で乗り越える必要があります!!

転勤族の生活を後悔しないために妻はどんなことに気を付けて生活をすれば良いのか?そのポイントを3つお話します(*^^*)

 

1.視点を変える

先ほどの5つの例にもありましたが、結局あなたが何を見るかで生活は変わっていきます(*^^*)

例えば両親と離れていることを

  • 寂しいと感じふさぎこむのか?
  • なかなか会えないことを嘆くのか?

それとも

  • 結婚して幸せな家庭を築くことで恩返しする!
  • 自宅に招待して、観光地を案内してあげよう!

と考えるのか?

近くにいることだけが親孝行ではないと私は思っています♪

 

子供に対しても

  • 『友達ができてもすぐに引越しでかわいそうだね、ごめんね』

と言ってしまうのか、

  • 『日本全国に友達ができていいね!!』

と言ってあげるのか?

 

りこ
りこ

つまりデメリットや辛いこと、後悔していることばかりに目を向けないで、メリットや楽しいことに目を向けて生活する必要があります(⋈◍>◡<◍)。✧♡

これが出来るようになると、日常の小さい幸せにもたくさん気付けるようになります。そうしたら転勤族とか関係なしで『毎日が幸せだな』って思えますよ!

 

2.コミュニケーションを密にする

転勤族の場合、普通の家庭よりも決めることがたくさんあります。だからよく話し合うことが大切です(*^^*)

  • 転勤先にはいつまで家族で移動するのか?
  • 単身赴任も視野に入れるのか?
  • 自宅はずっと賃貸にするのか?
  • 家を建てるのか?
  • 家を建てるならどこの土地にするのか?

などなど…。

普段から自分の考えを伝えたり、将来の人生設計について話しておく必要があります。

そもそも不満や後悔の気持ちが出る時って『自分だけ大変…!』とか『分かってもらえない』というようにコミュニケーション不足のことがほとんどです。

りこ
りこ
家族できちんと話し合い目指す方向性が決まっていれば、転勤について行っても、単身赴任を選択しても不満や後悔は出ません。

逆に家族で一致団結する場面が何回もあるので、家族の絆はとても強くなりますよ(*^^*)

 

3.どこの土地でも出来る夢中になるものを持つ!

子供の場合だったら習い事、大人なら趣味など。どこの土地でも行っても出来る自分の好きなことがあるといいですね(*^^*)

そういう夢中になれるものや好きなものがあれば、新生活が軌道に乗るまでの間もよいリフレッシュになります

また自信にもつながりますよ☆

 

ちなみに私は今はこのサイトのようなブログを書くことに夢中になっています(*^^*)

私の転勤生活が誰かの参考やヒントになるかもしれません。また『ブログを書いて収入を得る』というビジネスは世界中どこに住んでいても出来る仕事なので転勤族妻にはピッタリの働き方です(*^^*)

もしあなたもブログを書いて収入を得えることに興味があったら、ぜひこちらのメルマガからも情報を受け取って下さいね↓

どこに引越しても自宅で稼げる力を身に着けよう!

自宅で稼ぎたい転勤族ママ!
アフィリエイトを始めたいあなたへ!

無料メルマガ始めました
▼ご登録はこちらをタップ▼
転勤妻へアフィリエイトのメルマガ講座