転勤族ママのお仕事情報
どこに引っ越してもできる仕事の体験談📧メール配信中
転勤族の子供と育児

雨の日の幼稚園の送迎!自転車に必須のカバーやレインコートを紹介

雨の日の幼稚園の送迎!自転車に必須のカバーやレインコートを紹介
りこ
りこ
こんにちは。
転勤族ママ「りこ」です。

雨の日幼稚園や保育園の送り迎えって本当に大変ですよね?

通園バスや自動車送迎が可能であれば良いのですが、そうではない園もたくさんあります。

雨の日に自転車に乗るのは危険です。だから本音で言えば避けたいところ。

でも歩いていくには遠いし、バスも通っていない、タクシーも雨の日はなかなか捕まらない‥。

そんな状況で我が家も、結局雨の日も自転車送迎をしていました。

  • 雨天で幼稚園に自転車送迎する場合、どうすれば上の子も下の子もそして自分も濡れないの?
  • レインコートも上下セパレートタイプ、ポンチョ型などたくさんの種類があるけれど自転車に向いているのはどれ?
りこ
りこ
たくさんのレイングッズを購入し、子供も自分もなるべく濡れずに通園するために行き着いた格好をレポートします♪

雨天の幼稚園の自転車送迎に必須のレイングッズ5選

自転車のレインカバーとカゴカバー

なるべく雨に濡れないで自転車に乗るためには5つのグッズが必要でした!

一つずつ詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.レインカバー

まずは子供たちが濡れないように、自転車にレインカバーをつけましょう。

我が家が買った写真のレインカバーはとても優秀で、大雨でなければレインコートを着ずにそのまま乗っても濡れてしまう事はありません♪

りこ
りこ

ちなみに幼稚園までは1.5㎞弱。

信号と坂が多いので10~15分ほど乗っている感じです。

カバーは夏の晴れた日には暑いので外していますが、冬場は雨が降っていなくても装着したままです。

冬の時期は付けっ放しにすることで、風除けとして利用できますよ。

りこ
りこ
これを買ってから雨がしのげるのはもちろん、真冬でも風邪を引く回数がグッと減りました♪

フロント用レインカバーはこちら↓

視界が広く圧迫感が少ないから、初めてカバーを付けた時から息子も嫌がりませんでした♪

かごと座席が一体型になっているタイプのレインカバーはこちら↓

2.カゴカバー

幼稚園のカバンや水筒を雨から守ってくれるのが、こちらのカゴカバーです。

雨が降った時にも濡れないのはもちろん、盗難防止にも役立ちます。

さらにこのカバーはファスナーを開けると容量が2倍に!!

荷物が多い時もたっぷり入るのでとっても助かります^^

3.レインポンチョ

下の子は一歳半すぎから抱っこ紐を嫌がるようになったのでレインカバーにしましたが、1歳半になるまではエルゴで抱っこしていました。

抱っこ紐だと駐輪場に着いてからも自分が傘を差すだけで移動できるので楽ちんです。

抱っこ紐をしたままでも着れるこのポンチョは最高にオススメ♪

実はこのレインポンチョを買う前にアウトド○ーのレインポンチョを購入しました。

りこ
りこ
でもファスナーが短く息子の頭が埋もれてしまい、暗いし息苦しくて嫌だったのか泣いて暴れて着ることができませんでした‥。

でもこの新しいポンチョは前が広く開き、さらにファスナーなので子供が成長しても調節もしやすいです◎

そして少し重さがありますがその分防水加工がしっかりと施されていて雨が染みてくることも今のところ全くないです^^

ただし夏は蒸れてちょっと暑いです。その代わり冬はとても保温性に優れ温かいですよ。

抱っこを卒業したママには、こちらのスタイリッシュなレインコートがもおすすめ♪

りこ
りこ
私はカーキを愛用していてよく「オシャレだね!」と褒められるレインコートです。

4.レインバイザー

レインコートのフードは、自転車で走行すると風で飛んでしまうこともしばしば‥。

しかも装着できていたとしても、走っていて風をきると雨が顔面にあたります^^;

りこ
りこ
これだとびしょびしょになったり、化粧が落ちたり、そもそも視界が悪くなるのでとても危険!

そんな状態を解決してくれたのが、こちらのレインバイザーです。

このレインバイザーはツバが広いので顔全体をカバーすることができます。

購入してから視界が広くなり、化粧が落ちてしまうこともなくなりストレスが激減しましたよ。

5.ハンドルカバー

ハンドルカバーは雨除け、そして寒い日の防寒にも使えます。

りこ
りこ
こちらのタイプは中のボアがボタンで取り外し可能!

夏はボアを外して紫外線防止、冬は寒さ対策、雨の日は濡れない!とオールシーズン使えます。

さらに自転車屋さんに聞いたところ、電動自転車のスイッチパネルは濡らすと故障の原因になるそうです。

りこ
りこ
やっぱり機械だから濡れない方がいいのね!

つまりこのハンドルカバーは、雨除けや寒さ対策のみならず、自転車の故障を防ぐためにも必須です。

まとめ

まとめ

道路交通法が改正され、傘さしでの自転車運転はもちろん、傘を自転車に固定して走行することも禁止されています。

でも最近のレイングッズは優秀なのでレインカバーやレインハット、レインポンチョを利用すれば濡れずに自転車で送迎することは可能です^^

ただどうしても雨の日はいつも以上に時間がかかります。

時間がなくなるとママも焦ったりしてしまうと思うので時間に余裕をもって出かけましょう!

また小雨でも風の強い日はタイヤが滑ってしまいます

そういう日はむりをせず、バスやタクシーを利用したり歩いた方が安心です。

りこ
りこ

雨の日も風の日も、極寒の日も、自転車での送迎は正直大変…。

でもきっといつか良い思い出になる日が来ます。

それまで便利グッズを上手に活用しながら乗り切りましょう^^

ママだからこそ!自分で自宅で稼げる力を身に着けよう!

私は元々、転勤族ママでパートさえも決まらず
もう一生やりがいのある仕事と収入は諦めなければいけないのと絶望を感じていました。

でも現在はどこに引っ越しても
小さい子供の育児中でも

やりがいも収入も得られるようになったのです☆

どんな仕事?と思うかもしれませんが、WEBサイトを運営するネットビジネスです。
インターネットが普及したことにより、
普通の主婦ママでもきちんと勉強し実践すれば誰でも可能になりました!

数年前の私と同じように、やりがいと収入を求めて悩んでいる
あなたのためにこんな選択肢があることを知ってほしくてメール講座を作りました★

メルマガは名前とアドレスのみで即登録可能!
(もちろん解約も1クリックで出来ます)

▼メルマガ限定のセミナー動画レポートをプレンゼント中▼

無料で情報を受け取る >

 

この記事に少しでも共感いただけたらポチっと応援してもらえると嬉しいです♪あなたのアクションが更新のパワーになります^^

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください