アフィリエイトブログの作り方(初心者向け)

【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ

ブログの記事ネタを探す方法

 

ブログを運営していると

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ
  • 記事を書きたいのにネタがない…
  • 毎日アップしたいのに書けない…

という状態になることがありませんか?

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ
りこ
そこで今日はブログ記事ネタの見つけ方についてお話ししていきます。

雑記ブログの方は割と何でも書けますよね。でもジャンルに特化している場合には悩むこともあると思います。

そんな時でも記事のネタがきちんと見つかる方法をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

絶対にブログの記事ネタが見つかる!簡単で誰でも出来る7つの方法とは?

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ

1.過去記事を見返す

「今日は何を書こう?」と思った時に真っ先にやってほしいのは、少し昔(数ヶ月前)の記事を見返すこと!

するとほぼ100%の確率で、

  • ここの部分説明が足りないな…
  • もっと詳しく説明しよう!

と言う箇所が見つかります。

まずはそれを記事にしましょう。そしてきちんと内部リンクでつなぎます。

既存の記事の補足をしたり、類似キーワードで記事を書くとブログ全体の網羅性が高まるのでGoogleの評価もあがります

  • 読者さんになるべく沢山のページを読んでもらえるように
  • サイトの滞在時間を長めるために

内部リンクは必須です。

 

記事を書いたら必ず1本以上の内部リンクを飛ばすことを心掛けて下さい!

1人ぼっちの記事が出来ないように注意しましょう。

 

そして読者さんが満足できるコンテンツに仕上げることが大切です。

その時に出来れば元記事もリライトすると、どんどん良いブログになっていきますよ☺

 

2.本・テレビ・映画を見る

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ
「書くネタがない…」と言う時は基本的にインプット不足です。

ブログというのはインプット(情報収集)→アウトプット(記事執筆)の繰り返しです。

なので、書くことがないと思う時は積極的に本を読んで勉強しましょう。

頭で考えたり、ネットの情報をまとめるだけでなく、書籍で勉強したことをアウトプットするだけで質の高い記事になります。

 

またテレビを見て最新情報や新商品の情報があればそういったものを記事にするとトレンド性もありアクセスも集めやすいです↓

あわせて読みたい
woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ
【アクセス爆発】トレンド記事の書き方を覚えて集客力をつけよう ブログのアクセスが少なくて悩んでいる アクセスを増やすためのトレンド記事の書き方が知りたい ...

 

また本にこだわらず、自分のブログのジャンルに関係する雑誌を読んで見たり、映画を見るのもいいですね!

とにかく情報に触れましょう☆そしてそれを自分の中に落とし込んで読者さんの役立つ形にして発信しましょう。

 

3.日常生活から探す

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ
常にアンテナを張るということも大切です。

例えばレストランに食事に行った時。
あなたが子育てブログを運営しているのであれば、

  • お子さま用の椅子
  • お子様用のメニュー
  • お子様用カトラリーがあるのか?
  • 周りもファミリーが多いのか、それとも静かな雰囲気なのか?
  • 味付けは子供にとってどうか?
  • 大人も一緒に美味しく食べれる味なのか?

こういった所に着目しそのレストランの口コミや体験記を書くこともできます。

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ
りこ
  • これはブログのネタになるかな?
  • これは記事に出来るかな?

そんな目線で毎日の生活を送ることが大切です。それだけでブログの記事ネタがなくなることが減りますよ!

 

4.過去の体験や経験を記事にする

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ

インプットして新しい知識をつけたり、日常生活からネタを探すのも大切です。

でもあなたの過去の経験や体験も財産です。特にあなたが困った経験や苦労したことは、ぜひ記事にしてみましょう(≧▽≦)

なぜなら自分が実際に困ったことって、悩んでいる人の気持ちが痛いほど理解できるから!

だから読者さんが本当に欲しい情報を書くことが出来ます。そして何より自分の体験だから書く方もスラスラと書けるんです。

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ
りこ

あなたの経験が他の誰かを救うことができる!そう思うと素敵ですよね?^^

 

今は何千記事と入ったような企業の大型のメディアも多いですよね?

それらのメディアやキュレーションサイトは情報量が多いので検索結果の上位にいることもあります。

しかし中身の記事は、外注のライターさんが書いている場合がほとんどです。

つまりありきたりな一般論で終わってしまっていることもしばしば…。

 

でも読者さんが本当に知りたいのは一般論ではなく、リアルな経験や感想なんです。

そしてそれが出来るのが個人ブロガーの強みです^^

 

例えばママであれば出産体験記や子供の病気についての記事もお勧めです。

出産って

  • 陣痛から来た
  • 破水だった
  • 帝王切開だった
  • 普通分娩だった
  • 無痛分娩を利用した

など様々なケースがあります。
つまりどれも正解で、1つの答えがないのです。

でもみんな初めてことは不安だし、答えがないからこそ知りたいと思って検索するんですよね☺

 

また私が産後、もっとも検索しまくったのは、子供の病気について。

親って本当に自分のこと以上に子供の事が心配ですよね。私の場合には、「手術をするか?しないか?」という選択を迫られることになったのて本当に悩みました。

その時の娘はまだ小さく自分で判断することが不可能だったから。だから私たち両親が決断しなければいけませんでした。

手術ってもちろん症状をよくするためのものですが、失敗や副作用、再手術になる可能性もあるわけです。

だから夫婦、祖父母はもちろん、ネットでも情報を探しまくったのです。

 

そんな実体験があったから、私も子供の病気についてのブログも作りました。

こんなケースもあるよ!というのを知ってもらえて、誰かの役に立てていたら嬉しいですね☆

 

5.サーチコンソールを見て上位を取りたいキーワードの記事をたす

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ

ブログをやっているからには狙っているキーワードがあると思います^^

またサーチコンソールを見ることで、思わぬワードが上位にあがってきている事に気付く場合もあります。

10位内のキーワードをザーッとみて関連記事や別角度からの視点で記事を書けそうであれば、どんどん記事を増やしましょう♪

 

 

6.キーワードツールを見て足りないコンテンツを足す

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ

あなたのブログのテーマやジャンルが決まっているなら、もう一度きちんとキーワードを見てみましょう。

キーワードツールで見てみるとまだ記事にできていないもの、書ききれていないものが見つかるはずです。

キーワードツールは関連キーワード取得ツールがおすすめです!

 

7.ヤフー知恵袋、教えて!goo、発言小町などのお悩み掲示板から探す

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ

これもブロガーさんがよく利用する方法ですが、Yahoo!知恵袋や発言小町などのサイトから読者さんの悩みを抜き出し、それに応える形の記事を書く方法です。

Yahoo知恵袋などは匿名で使えるので、ユーザーのリアルな悩みが分かります。

 

ブログの記事ネタがない…と困るあなたに伝えたいこと

woman1 【簡単】ブログの記事ネタがない…と嘆くあなたを今すぐ救う方法7つ

日記ブログなら、気がむいた時だけ、記事ネタが思いついた時だけ、という更新でも構いません。

でもブログで収益化を目指すなら、ブログの記事ネタは常にストックしている状態が好ましいです。

そのためには常にインプットすること、どんなことでも記事ネタにならないか?とアンテナを張っておくことが重要です♪

また場合によっては、ブログ開設前からキーワードを絞り、記事タイトル案だけ30個ほどまとめておくと書くことに困りませんよ

今日紹介した方法は誰でもすぐに出来る方法なので是非役立てて下さいね^^

ママだからこそ!自分で自宅で稼げる力を身に着けよう!

転勤族主婦でママになった私はパートさえもできず
もう一生やりがいのある仕事と収入は諦めなければいけないのか?と思っていました。

しかしインタネットビジネスを知り実践することで
やりがいも収入も得られるようになったのです☆

どんなことを学んで実践してきたのか?という話をメルマガで紹介しています♪
ぜひ見てみてください。

▼ご登録はこちら▼2018y07m29d_093246380-3 ママだからこそ!自分で自宅で稼げる力を身に着けよう!無料で情報を受け取る >